2000年02月19日未明

・知 ・ら ・せ


珈琲職人 戸枝 亮

2月16日に掲示板「職人倶楽部」で書き込みました内容に、若干の変更を加えて改めてお知らせいたします。
(やっぱり、長いっす・・・)

※一部のお客様には、お伺いを立てていた事ですが、当店で今扱っている一部の豆の銘柄を変更させて頂く事と致しました。

【理 由】
当店では、当然の事ながら「トップ・グレード」の豆を扱っております。
しかし、正直な所、「その上」の銘柄が複数あることも事実です。
その中で、主に南米系の豆には、味や品質に今一歩納得が行かない為、お客様に自信を持ってお勧めできないものがいくつかありました。

誤解の無い様に申し添えますが、全ての豆において、きちんとテイスト・チェックをし、ハンド・ピックは入念に施してあるので「珈琲職人の品質基準」はクリアーしていたと思っています。
しかしながら、実際そのような豆は、動きの悪い部類に入るのも事実です。
恐らく、豆としての訴求力が乏しかったのでしょう。

何故そのような豆を導入していたのかを簡単にですが御説明しますと、
1) 販売価格の問題。―あまり高い値段の豆だけでは買いにくいお客様がいるだろうと言う事。
2) 「メキシコ」や「ペルー」等、知名度の低い豆は、もう少し親しまれてから、グレ−ド・アップしたいと考えていました。
3) 「どのレベル」のお客様が来て頂けるのかは開店前は不安だった事。―お陰様で、ウチのお客様は本当に珈琲好きの方が多く、(マジです。ブラック・珈琲の率で実感しています。)豆をよりグレード・アップした珈琲で更に愉しんでいただきたいと思っています。
4) 質の良い豆や探していた豆がなかなか見つからなかった事。
等が挙げられます。

そんな中で、ひょんな事から探していた豆や本当に質の良い豆に出会い、銘柄の変更を考えました。
(例えば、アール・マッカは開店直前に出逢い、当初の予定を変更してまで導入を決めたものです。
予定していた某モカでは、今一歩、納得行かない味だったし、何せ自分もモカ・マタリが大好きですから・・・)

ここにひとつの問題があります。
それは「良い豆は、安くはない」事です。
お店としては、お客様には出来るだけ良い物をなるべく手頃な値段で買って頂きたい。
しかしながら仕入れ値の関係上、現行の価格設定では難しいものがあります。

そこで、これらの豆のファンの方にいろいろとご相談をさせて頂きました。
質を上げても良いか? それならば価格はどの程度なら上げてもお許し頂けるか? 等、今迄の珈琲職人の評価を含めて20人ほどの方にお話しを伺ったところ、幸いにも殆どの方が(90%超)「味が良くなるならば少しくらいの値上げは許容して頂ける」との事でした。



<参考・その他の意見>
珈琲職人に来てわざわざ安い豆は買わない(お客様の「値踏み」って不思議です。)
「職人」と言う名のキャラクター性として、グレード・アップはある意味必定。
味がどう変わったか判るか不安だ。(こーゆー方は新旧の豆を飲み比べて頂きます。)
成るべくなら、\380―の豆は残して欲しい。(確かに.努力致します。)

などなど、皆さん概ね好意的に珈琲職人を評価して頂いている様で有難い限りです。
この場を借りまして、日頃の御愛顧に対しまして、改めて御礼申し上げます。
並びに、今回の件に関しましていろいろとご相談させた頂いた方々にもお礼申し上げます。
そして、諸般の事情を踏まえ、

現在のロットが終了次第、一部の豆を\50−(コロンビアは\100−)値上げさせて頂きます。

<参考/銘柄変更リスト>
Mexico AlturaMexico Altura.Santa catarina(産地特定)
Colombia SupremoColombia Excelso-San Agustin(産地特定)(◎当確)
Peru Chanchamayo同一名で販元替え(価格は変わらず。ウォッシュ・タイプになる可能性あり)
Tanzania #AATanzania #AA Snow Top(◎当確)
Mandheling Gr-1.Mandheling Toba-ko(◎当確)
Guatemala #SHBGuatemala EL Pilar or G-borbon(保守VS革新の一騎討ち!)
Cuba Crystal Mountain同一名で販元替え(◎当確)

その他、インド、トラジャ、等も良いものがあれば「鞍替え検討中」と言ったところです。

尚、豆が変わりましたらお店のボトルに表示しますので、ご希望の方は、新・旧を飲み比べて頂けるように致します。(勿論片方は無料です。)
そしてひとつ、約束をさせて頂きます。
もし、味としてクォリティが下ったり、その差が出なかった場合、(好みは別として、)
価格を上げた分の差額はお返しいたします。

まだまだお伝えしたい事は沢山ありますが、ただでさえ長い文章なのでこれ以上はお店でお知らせをさせて頂きます。
(御質問の方はBBSでどうぞ.皆さんへ向けて御答え致します)
長々の文章で毎度すみません。
今後とも珈琲職人を宜しくお願い致します。